中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非氏が、日本メディアのインタビューに初めて応じた。中国政府のスパイ活動に関わる疑いがかけられ、国際社会から厳しい視線を浴びるファーウェイ。任氏は疑惑を否定するが、この問題は日本企業にとっても対岸の火事で済まない。

インタビューに応じるファーウェイの任正非CEO

 「仮に顧客の利益に反するデータを(中国政府から)提出するようにとの要求があった場合でも、それに応えることはできない」

 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非CEO(最高経営責任者)が1月18日、日経ビジネスなど日本メディアのインタビューでこう語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1042文字 / 全文1320文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。