「PayPay」や「LINE Pay」などデジタルマネーが日本で離陸しようとしている。中国では、デジタルマネーの普及が新たなビジネスの誕生と競争を促した。日本でこれから起こる変化を展望するには、同国市場から目を離してはならない。

<span class="fontBold">市場(いちば)でもQRコード決済は当たり前</span>(写真=AFP/アフロ)
市場(いちば)でもQRコード決済は当たり前(写真=AFP/アフロ)

 日本で、スマートフォンを使った新たな決済手段に注目が集まっている。ソフトバンクとヤフーがQRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を立ち上げ、100億円を利用者に還元するキャンペーンを実施。LINEも「LINE Pay(ラインペイ)」で大規模な利用促進策を展開した。

 家電量販店のレジには行列が発生。ビックカメラの昨年12月の売り上げはペイペイ効果などで、前年同月比23.4%増に拡大した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1082文字 / 全文1408文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。