新日鉄住金は今年4月、「日本製鉄」に社名変更する。その初代社長が橋本英二氏に決まった。同社は歴史的に東京大学を卒業した人物が社長を務めていたが、その伝統が変わりつつある。「異例」の人事は新日鉄住金だけに限らない。多くの名門企業で「東大閥」が崩れ始めた。

<span class="fontBold">進藤社長(左)は1973年、橋本副社長(右)は79年に一橋大学を卒業。両氏ともに旧新日本製鉄に入社</span>(写真=Kyodo News/Getty Images)
進藤社長(左)は1973年、橋本副社長(右)は79年に一橋大学を卒業。両氏ともに旧新日本製鉄に入社(写真=Kyodo News/Getty Images)

 「行動力があり、海外で多くの交渉を経験した点を評価した」。新日鉄住金の進藤孝生社長は、後任に橋本英二氏を選んだ理由をこう語った。同社は4月1日、「日本製鉄」に社名変更する。その初代社長となる人物である。

 橋本氏は自動車用鋼板や建材の輸出で実績を積んだ、海外事業の「エース」だ。持ち分法適用会社のブラジル鉄鋼大手、ウジミナスの経営権を巡る争いでは最前線で対応。3年半かけて和解に持ち込んだ。鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタルと共同で実施する、インド鉄鋼大手エッサール・スチールの買収も副社長として進めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り869文字 / 全文1256文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。