仮想通貨はもうおしまい──米エヌビディアのジェン・スン・ファンCEOはこう断言する。同社は仮想通貨のマイニング用途に「GPU」を売りまくったが、完全に足を洗った。今後も価格下落が続くと、仮想通貨システムは破綻に向かう恐れがある。

<span class="fontBold">CES 2019で講演するジェン・スン・ファンCEO</span>
CES 2019で講演するジェン・スン・ファンCEO

 「仮想通貨は二度と買うな」。エヌビディアのジェン・スン・ファンCEO(最高経営責任者)は2019年1月に米ラスベガスで開かれたテクノロジー展示会「CES 2019」の記者会見で、こう明言した。仮想通貨の価格がかつてのように上がることはもはやない、という見解だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1042文字 / 全文1296文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。