『「なりたい自分」になるシンプルなルール』
福田萌子著
1430円(税込) 幻冬舎

恋愛リアリティー番組に、男性から求愛される女性の立場で出演した著者が、自信がなかった過去や自己肯定感を高める方法を明かす。

 モデルとして長いキャリアを持つ著者。スポーツウエアがよく似合うのは、この人の日常生活が異様に健康的だからだ。空き時間があれば、とにかく走る。10km、20km走るのはごく普通。自転車が大好きで、ロードレーサーで旅行に出かける。マウンテンバイクで山を登って下りてくる──。活動の種目でいえば、これほど気が合わない人も珍しい。僕としては、現世はもちろん、来世でもこの手のことをしたくない。ところが、本書にある価値観や生活信条を知ると、なかなかにして気が合うことが判明した。

 タイトルにあるように、著者のルールは至ってシンプルだ。ようするに、スローに生きる。達成や成功を急がない。何事にもゆっくり構える。自分のペースでじっくりいく。いい時も悪い時も(もちろん悪いことのほうがずっと多い)ジタバタしない。欲望に対する速度が遅い──これが最も的確な「上品さ」の定義だと思うのだが、著者は言葉の正確な意味で上品な人だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り934文字 / 全文1446文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年10月3日号 90ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。