『ウンコの教室 環境と社会の未来を考える』
湯沢規子著
924円(税込)筑摩書房

日本や海外のトイレ事情、排せつ物の有効利用、下水処理など、社会や環境、さらに生命の営みの問題を多面的に考察する。

 海外から戻ってきた人に「トイレどうだった?」と聞けば、何らかの珍しい体験談が出てくる。多様な食文化は日本にいるだけでも知ることができるが、食べた後にどう出すかについてはあまり情報が入ってこない。「衣食住」だけではなく「便」も加えて世界を見ようと試みる一冊が繰り返し疑問視するのは、ウンコの話を忌避する空気感である。

 自分もそうだったが、子どもの多くはウンコの話が好きだ。「流す時にうんちに『ばいばーい』って手を振っていますよ」と、あるお母さんの談。身に覚えがある。その頃、ウンコは自分の体から出た分身でさえあったのに、いつの頃からか、ウンコの話をしなくなる。恥ずかしくなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1061文字 / 全文1452文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年9月26日号 66ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。