『戦争と外交の世界史』
出口治明著
1100円(税込) 日経ビジネス人文庫

先人たちはどのように争いを終わらせてきたのか。今日の混迷する世界情勢にも影響を与えている歴史上の戦争と条約を振り返る。

 著者は会社員時代、人事で理不尽な処遇を受けた。そのとき「救ってくれたのは世界史の知識」だったという。多くの政治家や軍人が不遇をかこち、無念の死を遂げた世界史を知り「自分のケースなど、ささいなことだ」として自分や周囲の危機を客観視する力を身に付けた。

 本書は、世界史上の「戦争と外交」に特化して叙述するが、時宜を得ている。私たちは今、ロシアによるウクライナ侵攻に直面し、新たな戦争の時代への突入を恐れている。しかしそれは旧約聖書のコヘレトの言葉にあるようにかつて起きたことであり、目新しくはない。世界史上の「戦争と外交」を俯瞰(ふかん)して事態を客観視すれば、いたずらに悲観的になる事態を防ぐこともできそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1037文字 / 全文1444文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年9月5日号 74ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。