『経営リーダーのための社会システム論』
宮台真司、野田智義著
2750円(税込) 光文社

便利で豊かになっているはずの社会で、なぜ孤独や分断などの問題が起こるのか。深い気づきと新たな視点を与える1冊。

 本書は経営リーダー育成のための大学院大学至善館の講義録。著者2人は私たちの社会の「底」が抜けてしまったという問題意識を持っており、どのように対処すべききか、を共に考えていく。

 第1章「構造的問題とは何か」から衝撃を受けた。まずは社会学が社会的問題を「構造的問題」として理解する学問だと教えられる。宮台氏は「モノカルチャーの落とし穴」の寓話(ぐうわ)を話し始めるのだが、これが「構造的貧困」の理解を助ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1163文字 / 全文1472文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年5月23日号 80ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。