『ささるアイディア。』
松永光弘編
1760円(税込)誠文堂新光社

世の中にインパクトを与えるクリエーターたちは、どうやってアイディアを生み、良しあしを判断するのか。発想の作法を探っていく。

 アイディアは問題解決である。しかし、そもそも何を解決すべきか、今日では課題がはっきりしていないことが多い。社会の変化が激しく、問題が複雑化していることもあるが、それ以上に生活と消費の成熟化、すなわち、「多くの問題がすでに解決されてしまっている」という事実がある。解決すべき問題をえぐり出し、その解決とセットでポンと目の前に見せてくれる。これが「ささるアイディア」だと編者の松永光弘は言う。

 15人の優れたクリエーターとの対話を通じて、本書は発想の作法を明らかにしようとする。それぞれが仕事の中で錬成してきた行動様式といってもよい。何を知り、何を考え、何を選ぶのか──発想という仕事と向き合うときの基準と力点がどこにあるのか。ここに編者の問いがある。その向こうに、各人の「アイディア観」が透けて見えるのも面白い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り960文字 / 全文1419文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年3月21日号 127ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。