『アダム・スミスの夕食を作ったのは誰か?』
カトリーン・マルサル著 高橋璃子訳
2310円(税込)河出書房新社

経済は自己の利益追求の結果とする経済学を新しい視点で捉え、欧米各国で評価された。原書の発売から9年を経て邦訳され話題に。

 「もしもリーマン・ブラザーズがリーマン・シスターズだったら、あのような形での金融危機は起こらなかったはずだ」。危機当時の仏財務大臣(現・欧州中央銀行総裁クリスティーヌ・ラガルド)はそう言ったそうだ。半分ジョークで? いや、かなり本気だったのではないか。

 世界のあちこちで近代資本主義に対する批判が噴出。パラダイムシフトが起こる、新しい資本主義が生まれると誰もが考えたあの頃……。ところがどうだろう。今に至っても根本的なことはなぁーんにも変わっちゃいない。拍子抜けするほどに。

 消え去ると思われた経済の仕組みが「奇跡的な図太さで」生き残ったのはなぜか。その主たる理由として著者はジェンダーを挙げる。金融市場の暴走はもちろん、経済格差の拡大、環境問題、介護従事者不足といった社会の様々な問題にジェンダーが深く関与しているというのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り984文字 / 全文1472文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年2月28日号 95ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。