『あいつゲイだって』
松岡宗嗣著
1980円(税込) 柏書房

一橋大学アウティング事件の経緯や性的マイノリティーの状況を伝えるとともに、なぜアウティングが問題なのか、法制度を含めて説く。

 昨年、国会で議論されるはずだったLGBT理解増進法案の提出が見送られた。その理由は、一部の自民党議員が、法案にある「差別は許されない」という言葉などに対して反発したからだという。

 差別をしてはいけないとは思っていない、ということなのか。2018年、自民党の杉田水脈議員が月刊誌で、同性カップルについて「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と述べて問題視されたが、このように性的マイノリティーの人たちを指さし、普通の人たちではないと決めつける動きが、国を動かす人たちの中に色濃く残ってしまっている。

 15年、一橋大学大学院のロースクールに通う生徒が、同級生からアウティングを受け、自ら命を絶つ事件が起きた。アウティングとは「本人の性のあり方を同意なく第三者に暴露すること」。「校舎から飛び降りたのは、私だったのかもしれない」との思いから、アウティングが生む危険性を説くのが本書だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り900文字 / 全文1420文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年2月21日号 74ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。