『稲盛と永守』
名和高司著
1760円(税込) 日本経済新聞出版

ユニークな経営で知られる企業が多い京都。その中でも、代表格と言える2人のカリスマ経営者の共通点と経営の本質をつづる。

 京セラの稲盛和夫氏と日本電産の永守重信氏を比較した経営者論。日本を代表する経営者を改めて並べると、数多くの共通点がある。

 第1に、経営資源の中でもっとも従業員を重視している。人が何より可変的な経営資源であり、したがって投資する価値がある、という考え方があらゆる意思決定の基底にある。日本電産のM&A(合併・買収)にしても、資産を買うのではなく人材を買うことに一義的な目的がある。

 第2に、利益へのこだわり。両者ともコスト低減に余念がないが、それ以上に値決めを重視する。永守氏にとっては利益率10%未満の事業は赤字。10%の利益が出ない事業は存在理由がない。稲盛氏のアメーバ経営にしても、創意工夫で製品の価値を高めることに主眼が置かれている。そのためには、世の中になくてはならないもので、かつ、他社ができない・やらないことをやる。今も昔も変わらない競争優位の本質だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り998文字 / 全文1487文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年1月17日号 108ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。