『嫌われた監督』
鈴木忠平著
2090円(税込)文芸春秋

異端と言われながらも卓越したマネジメント力を発揮した監督の8年間をつづる。組織運営、人材育成の書としても参考になる点が多い。

 本書は、中日の選手や球団関係者が、いかに落合博満監督によって変化させられたかを描く。第1章の川崎憲次郎から泣かされる。この章には、その後に続く章に通底する落合の愛情と非情が流れている。

 川崎は、かつて主力投手だったが、肩を痛め二軍暮らしを続けていた。その彼が落合から「開幕投手」を告げられる。「やれるか」と問われ、「いけます」と本能的に答えたが、「なぜ俺なのか」と深い疑問にとらわれる。選手時代の落合とは何度も対戦したが、どうしても心が読めなかった。監督としての落合の心も読めない。落合は、川崎に開幕投手のことは妻以外の誰にも言うなと口止めする。開幕までの3カ月、彼は落合の心を読もうと自問自答し、ある答えにたどり着く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1019文字 / 全文1427文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2021年12月20日号 90ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。