『夫婦別姓』
栗田路子、冨久岡ナヲ他著
1034円(税込) ちくま新書

ベルギー、英国、米国などに住むジャーナリストが各国の夫婦の姓の事情を解説。日本の特殊性とこれからの選択を考える。

 選択的夫婦別姓制度は文字通り「選択的」なのだから、それに反対するというのは、誰かの選択について、「選択させてたまるか!」と表明しているに等しい。肉が好きな人に、これからは魚を食べてください、と強制しているわけではない。肉が好きな人には肉を、魚が好きな人には魚を選べるようにする。やっぱりこっちがいい、と変えることもできる。「選択的」とはそういうことだ。

 選択的夫婦別姓に反対する人たちは「家族の絆」「社会秩序」「子どもが不幸」といった、極めて抽象的な理由を持ち出すのだが、ひとまずその理由を受け止めてみたとして、では、今現在、家族の絆は守られているだろうか、と返したくなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1049文字 / 全文1436文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。