『テスカトリポカ』
佐藤究著
2310円(税込) 角川書店

メキシコの麻薬密売組織の男と日本人医師が立ち上げる違法ビジネスとは。話題を呼んだ犯罪エンターテインメント。

 倫理的に言えば、明確にアウトである。直木賞選考委員の先生が、あまりにアウトローなこの作品に対して苦言を呈したことでもわかるとおり、過激で残酷である。

 ただし、見方を変えるとこの本はダークビジネスのバイブルに見える。そして、ダークビジネスの教科書たるコンテンツは同時に汎用性の高いビジネスの教科書にもなりうる。

 たとえば、不朽の名作、映画『ゴッドファーザー』シリーズは、そのままビジネスの教科書として通用する要素が包含されている。そして、この『テスカトリポカ』も、刺激の高いエンターテインメントではあるが、皮を剥いてしまえば、至高のビジネスの指南書とも言える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1110文字 / 全文1484文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。