『ボイステック革命』
緒方憲太郎著
1980円(税込) 日本経済新聞出版

著者はボイシーのCEO(最高経営責任者)。従来の情報伝達は文章が主体だったが、今後はより手軽な音声に置き換わると説く。

 私はいわゆる“声フェチ”らしく、ミュージシャンも俳優も声に魅力がなければ関心が湧かない。高校で放送部に入り、テレビ局に就職したのも、声への興味と無関係ではなかったと思う。そんな私がオーディオブックに着目したのは自然なこと。20年ほど前に、当時暮らしていた米国でその人気を目の当たりにして、日本でも需要はあると考えたのだ。

 車窓に流れる風景を見ながら“読書”ができるなんてワクワクするし、俳優や声優を起用すれば新たな読者も開拓できるはず……。そう思ったが、共感してくれる編集者は見つからなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1185文字 / 全文1539文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。