『1シート・マーケティング』
三浦崇典著

2090円(税込)ポプラ社
書店経営を成功させる著者がマーケティングの思考法や1枚の紙に書き上げる手法を紹介。事例を豊富に挙げ、経営の要素を説く。

三浦さんが経営する天狼院書店は、書店が減る時代に、2013年の創業以来10店舗を全国各地に展開しています。なぜ伸びているのですか?

<span class="fontBold">三浦 崇典[みうら・たかのり]氏</span><br>1977年生まれ。全国に10店舗の書店を展開するほか、小説家、ライター、プロカメラマンなど多方面で活動。劇団の運営も手掛けるほか、大学の非常勤講師も務める。(写真=鈴木 愛子)
三浦 崇典[みうら・たかのり]氏
1977年生まれ。全国に10店舗の書店を展開するほか、小説家、ライター、プロカメラマンなど多方面で活動。劇団の運営も手掛けるほか、大学の非常勤講師も務める。(写真=鈴木 愛子)

 いい本を選び、そろえるのはもちろんですが、本屋を拠点にあらゆるビジネスを手掛けているのです。例えば、書棚は可動式なので、動かせばスペースを作れるようになっていて、店舗内で小説の書き方から、写真撮影、デザインなど様々な講座を開いています。また全店にスクリーンを設置してあり、オンラインでつなげば、リモート講座や400~500人規模のウェビナー開催も可能です。さらに旅行業者としても登録しているので、旅行も企画しますし、劇団もやっています。出版事業、カフェ事業も手掛けています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1019文字 / 全文1418文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2021年5月24日号 83ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。