『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』
ウスビ・サコ著
1500円(朝日新聞出版)

日本はサービスが整い過ぎていて知恵を磨く機会が少ない。だから自ら考えて動くのが苦手。「なんでやねん!」の直言。

 大学教育のあり方が改めて問われています。幾度となく改革が試みられたにもかかわらず、達成感はなく混乱と疲労が漂います。そんな中で、嘱望されて大学学長に就任したのが、『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』のウスビ・サコ氏です。西アフリカのマリ共和国に生まれ、中国留学を経て来日。京都大学で博士号(工学)取得の後、京都精華大学に職を得、2018年、同大学の学長に就任します。

 「サコゼミはやばい」というのが定評だったとか。「夜通しの面談」をやるからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1124文字 / 全文1455文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。