全1492文字

 『これが私の生きる道!』。「彼女がたどり着いた愛すべき仕事たち」という副題の通り、「幸せな働き方」を自ら選び、挑戦している女性が次々に登場する。会計士とかエンジニアとか検察官といった既存の職業カテゴリーの人は皆無で、「ライフスタイルディレクター」「本しゃべりすと」「フリー素材アイドル」などなど、「新しい仕事」が並んでいる。

『これが私の生きる道!』
世界文化社編
1500円(世界文化社)

既存の成功事例にとらわれず、自分らしい仕事、働き方を見つけた33人の女性たちへのインタビュー。

 それぞれが自分の道を選び、夢に向かって挑戦している。仕事というのは本来そうあるべきだと思う。ただし、である。それが価値を生み、顧客に選ばれるかどうかはまた別の話だ。5年後に再度インタビューしたら、仕事としては続いてない人もきっといる。仕事の面白くも難しいところだ。