高度に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない。英国のSF作家アーサー・C・クラークの言葉である。身の回り、本当に魔法だらけだ。

『スマートマシンはこうして思考する』
ショーン・ジェリッシュ著、依田光江訳
3600円(みすず書房)

グーグルで機械学習に携わった著者が、AI(人工知能)の仕組みや開発の歴史を分かりやすく解説する。

 魔法中の魔法といえば人工知能だろう。色々なタイプの人工知能の基本的な原理と、それらがどのように開発されてきたかについての本が、『スマートマシンはこうして思考する』である。

 トップは、米国の国防高等研究計画局が主催した自動運転のコンテストだ。100万ドルの賞金がかかった2004年の第1回レースは砂漠で障害物が少ないコースであったにもかかわらず、約230kmを走りきれた車はなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1208文字 / 全文1575文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。