全1510文字
『12人の花形伝統芸能~覚悟と情熱』
中井美穂著
900円(中公新書ラクレ)

歌舞伎や文楽、落語など、伝統芸能を担っていく若手の、芸能に挑む気持ちを聞きだす。芸能の理解にも役立つ。

 日本の伝統芸能である歌舞伎、文楽、能・狂言、演芸、それぞれから3人ずつ、計12人の「若手」が語り尽くしたインタビュー集である。

 若手といっても年齢はかなりばらついている。平均年齢は38歳だが、歌舞伎の八代目市川染五郎の14歳から、文楽人形遣いの吉田玉助の53歳まで。

 歌舞伎界からは染五郎と共に、尾上松也、中村壱太郎で、それぞれ34歳と29歳である。他に比べて年齢が低いのは、歌舞伎が家柄や血筋を重んじるので、若い頃から注目されやすいためか。

 この3人に共通しているのは、歌舞伎に軸足を置きながら、他の新しい方向性も目指していることだ。歌舞伎はそのようにして時代を取り込んできた。

 歌舞伎と同根の文楽だが、対照的に世襲制ではない。そのためもあるのだろう、三芸とも師弟の関係が非常に厳格であるという印象をうけた。玉助は人形遣いの家だが、義太夫語りの竹本織太夫は三味線弾きの家系、そして、三味線の鶴澤清志郎は全く関係がない家庭からの入門とさまざまである。

 能・狂言も家系を重視する伝統芸能だ。ひとくくりにされることもあるが、両者のスタイルはかなり違っている。能は古典を守っていくが、狂言の茂山逸平によると、茂山家では台本を大幅に書き換えてきたというから驚きだ。

 伝統芸能鑑賞を難易度順にすると、
 能>>狂言≒歌舞伎≧文楽>演芸 といったところだろう。何しろ能は難解で、自慢じゃないが何度見てもよくわからない。