全1510文字

 日本の科学は失速している。一昨年の3月、ネイチャー誌に掲載されたレポートは大きな反響を呼んだ。一般の人たちには驚きを持って迎えられたようだが、多くの研究者にとっては、やはりそうかという感じであった。

 『誰が科学を殺すのか』は、企業の「失われた10年」、「選択と集中」でゆがむ大学、「改革病」の源流を探る、海外の潮流、の4章から構成されている。毎日新聞に掲載された「幻の科学技術立国」シリーズが元になった本だ。

今週の一冊
誰が科学を殺すのか
毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班
1500円(毎日新聞出版)

日本の科学研究を失速させた政策を検証。研究費削減で質が低下し、世界に後れを取る日本の科学に警鐘を鳴らす。

 大学に関しては、行きすぎた選択と集中、地方国立大学の疲弊、若手研究者の待遇の悪さ、博士課程進学者減少などが紹介されており、内部で実感していることと完全に一致する。