ポチればすぐに届く、という便利さを支えているのは、機械ではなく人間である。『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』を記してから15年ぶりにアマゾンの巨大倉庫で働いた横田増生『潜入ルポ amazon帝国』は、巨大化した企業の無慈悲を教えてくれる。

今週の1冊
今週の1冊
潜入ルポ amazon帝国
横田増生著
1700円(小学館)

アマゾンに2度目の潜入をした著者が巨大化した倉庫の内側を描く。利益を優先する企業の独占に警鐘を鳴らす。

 かつての現場では下請け業者が「アマゾンさん」と呼んでいたが、今では「アマゾン様」に変わっていた。迷惑をかけてはいけないと、派遣会社は労働者に対し、業務が始まる2時間前にワンコール入れるように要求する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1152文字 / 全文1463文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。