2019年4月、日産自動車の臨時株主総会でカルロス・ゴーン氏が取締役を解任され、20年に及んだゴーン体制は幕を閉じた。

 1999年の日産とルノーの提携から現在までの記事を再編集し、当時のライブ感ある描写であらためて振り返るのが『カリスマ失墜 ゴーン帝国の20年』だ。ゴーン氏がいなければ、日産の復活はあり得なかった。それは誰しもが認めるところだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1359文字 / 全文1548文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。