魂の一冊である。『吃音 伝えられないもどかしさ』は、自らも吃音に悩んだ近藤雄生が80人以上の吃音者と対話し、その現実に迫る渾身(こんしん)のノンフィクションだ。

今週の一冊
『吃音 伝えられないもどかしさ』
近藤雄生著 1500円(新潮社)

当人のみならず周囲をも巻き込む吃音のつらさを、吃音だった著者が、自身や当事者の話から浮き彫りにしていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1243文字 / 全文1431文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。