まもなく平成が終わる。それに呼応するように、著名人の訃報が相次いでいて、今年に入ってからも、市原悦子、梅原猛、堺屋太一、ドナルド・キーンらがこの世を去った。

今週の一冊
『思いつきで世界は進む』
橋本治著 780円(筑摩書房)

幅広い執筆活動で知られる著者が、日常の出来事から国際政治まで、自らが生きた時代を独自の目線でつづる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1333文字 / 全文1512文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。