誰一人として、こんな普通の男が米大統領になるなどとは思っていなかった。妻はおろか、本人さえも。しかし、それが現実になった。1945年4月12日、フランクリン・ルーズベルトの急逝に伴い、副大統領から大統領に昇任した『まさかの大統領』ハリー・トルーマンがその人だ。

 貧しい農家に生まれ育ったトルーマン、若い頃は失敗の連続だった。しかし、40歳を前にして、地元のボスの支援を受けて郡の判事になった頃から運気が向いてくる。紆余曲折がありながらもミズーリ州の上院議員を経て、60歳の時に副大統領に任命される。

 本人が強く望んで出世していったのではない。周囲の思惑や状況の中、消去法としてそうなっていっただけのことだ。副大統領に指名したルーズベルトですらトルーマンのことをよく知らなかったというのは驚きだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1042文字 / 全文1490文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。