企画を出さなくちゃいけない、アイデアが欲しいと言われている、そんなときに頭を抱えてしまうことがある。そんな煮詰まったときに役に立つ、脳科学から導き出された「ひらめき脳の作り方」とは。公立諏訪東京理科大学工学部教授で脳科学者の篠原菊紀さんに聞いた。

仕事をしていると、「何かいい切り口はないかな」「アイデアを出さなくては」と焦ることがあります。これ、というものが浮かばなくてずっと考え続けて頭が痛くなったりも……。今回はぜひ、「ひらめくための秘策」を脳科学の視点で教えてください。

篠原さん:確かに頭を抱えていても考え続けてもいっこうにひらめかない、ということがあります。一方で、執筆をするときなどにいい文章が出てくることも、いくらでもあります。つまり、ひらめいているときには悩まない。でも、ひらめかないときもあるから悩むんですよね。

まさにそうだと思います。頭を抱えてうんうんうなっているときには脳はどのような状態なのでしょう。

篠原さん:考え詰めているときには、脳では「実行機能ネットワーク」が働いています。これはタスクを処理するためのネットワークで、思考や行動をコントロールしながら課題解決に向かっていくもの。その神経基盤は脳の前頭葉、頭頂連合野などに存在します。

 一方、創造力やアイデアなど「ひらめき」と関わるのが「デフォルト・モード・ネットワーク」という神経活動です。脳の内側前頭前野、後帯状皮質など脳の複数の領域が活性化します。デフォルト・モード・ネットワークは、ぼんやりしているとき、お風呂に入っているとき、散歩しているときなどに活性化することが分かっています。

ルーティンでできる行動を

確かに、シャワーを浴びているときに、「これ、いいかも」とひらめくことがわりとあるように思います!

篠原さん:そのときにはデフォルト・モード・ネットワークが働いているはずです。脳がこのモードになっているときには、自分の体験や様々な記憶情報を脳が物語として作り直しています。ぼんやりしているときに何となく人生を振り返ったり、つながると思わなかったもの同士につながりを発見したりする、つまり「ひらめく」ことが起こりやすいのです。

 デフォルト・モード・ネットワークを活性化するには、以下のような行動がお勧めです。

 ぼんやりする。散歩する、歩き回る。トイレに行く。水回りの掃除をする。料理をする。音楽を聴く。

 どれも、うんうん頭を抱えている状態とは逆の、ルーティンでできる行動である、という共通点があるわけです。

考えても煮詰まってしまって答えが出ないときには、じっと机に向かっていないで別のことをすると、神経ネットワークの新たなつながりが作られるのですね。煮詰まったらさっさと別の行動をする、という切り替えが大切ですね。

篠原さん:その通りです。

 ちなみにぼーっとする、という状態は「まどろみ」のときにも起こります。面白い研究が報告されているので紹介しましょう。

 うつらうつらする「まどろみ」。この状態のときにひらめきやすい、ということを経験的に知っていた発明家であり起業家のトーマス・エジソンは、そのひらめきのタイミングを自分で察知するために、ボールを持ちながら昼寝をしていたそうです。そうすると、うとうとし始めたときに手に持っているボールをポトッと下に落とす。そのタイミングがひらめきのときだというのです。

次ページ 聞き慣れた音楽をBGMにする