胆石を予防するには、どのような食生活や生活習慣が有効なのだろうか。また、もしも胆石ができてしまった場合、どうすればよいのか。前回に続き、杏林大学客員教授で佼成病院外科部長を務める森俊幸氏に聞いた。

生活習慣や年齢によっては2年に1回程度、胆のうの検査をすることを考慮したい(写真=PIXTA)
生活習慣や年齢によっては2年に1回程度、胆のうの検査をすることを考慮したい(写真=PIXTA)

 前回(『どうする胆石対策、専門家に聞く(上) でんぷん質過剰で「白い胆石」』)、即席めんばかり食べるような偏った食事をしているとコレステロール胆石ができやすくなることが分かった。ほかに胆石ができやすくなる原因はあるのだろうか。

 「一つは、ダイエットなどで食事の回数が極端に少なくなること。胆のうは食事をするときに収縮し、ためられた胆汁を分泌します。しかし、食べ物が入ってこないと胆のうが収縮する回数が減り、胆のう内に胆汁が長くとどまることで、コレステロール胆石ができやすくなります。もう一つは経口避妊薬(ピル)です。薬に含まれる女性ホルモン(エストロゲン)が、胆汁内のコレステロールを増やし、胆石を誘引すると考えられています。ほかにも、肥満や加齢なども関係しています」(森俊幸氏)

アルコールは間接的原因か

 それでは、胆石ができやすいのはどのような人だろうか。

 「昔は、胆石ができやすい人の条件として、Fatty(肥満)、Forty(40代)、Female(女性)、Fecund(多産)、Fair(白人)の頭文字を取って『5F』などといわれていました。幾分、語呂合わせのようなものですが。現在の日本では、男性の罹患(りかん)率が高くなっています。特に60代以降の男性に多い傾向にあります」(森氏)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1713文字 / 全文2382文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「from 日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。