英雄として歴史に名を刻む人物たちは、皆、苦難を経験し、決断を下しています。ときに大きな失敗を犯し、ときに天下をその手中に収める──。彼らの運命を分けたものは一体、何だったのか。歴史家・作家として知られる加来耕三氏を講師に迎え、歴史上の人物にスポットを当て、その人物像、戦略、長所さらに弱点を探っていきます。第1回で取り上げるのは「石田三成」です。

 あまたいる戦国武将の中で、ビジネスパーソンに人気なのが、意外や石田三成です。特に経営者層に人気が高い。「こういう部下が欲しい」「参謀、ナンバー2に欲しい」というわけです。

 石田三成は豊臣政権を盤石にするために、次々と手を打ち、策を講じ、着々と実行していきました。太閤検地など、おそらく三成がいなければ、実施することはできなかったでしょう。九州平定の時も小田原征伐の時も、10万を超える軍勢の兵站(へいたん)をすべて滞りなく手配したのは三成です。朝鮮出兵では兵站だけではなく、撤収の際の業務も三成が博多から指示を出し、つつがなく日本軍を帰国させました。

 三成は、私利私欲は一切持ちません。常に秀吉に対する、豊臣家に対する、忠誠心だけで行動しています。三成は誰も反論できない正論を吐く人間でした。今の企業で言うと理工系出身の研究職、開発職に多いタイプです。営業部隊とは違うところに結構、出てくるタイプ──。

先は読めても空気は読めない

 三成は先が読めていました。読めていましたが、周りの人間が見えていなかった。周りの空気が読めず、悲しいかな人の心がつかめない。そういう人間です。人の心が分かっていないから、どうしても上から目線でものを言うように思われてしまいます。「何でお前たちは、これが分からないのだ」と、つい言ってしまうのです。

 三成を理解するためには、豊臣政権を理解しなければなりません。

 豊臣政権は簡単に言うと、武断派と文治派の連合政権でした。

 秀吉がまだ木下藤吉郎だった時代から、羽柴秀吉と名を変えた長浜時代にかけ、秀吉の従兄弟(いとこ)である福島正則や又従兄弟の加藤清正などに、台所飯を食わせて育て、合戦で次々と手柄を立てさせました。

 武断派からなる尾張閥は、秀吉を出世させるために体を張って頑張った人たちです。彼らを束ねたのがのちの北政所(きたのまんどころ)=おねです。おねが飯を食わせてやり、着物を作ってやり、養育したのです。

 これに対して、秀吉が長浜城の城主となって、信長の各方面軍の司令になったところから仕えたのが、三成などの文治派です。そろばんが弾け、頭の切れる近江商人の血が入っているような、人間が集まってきました。

 武断派とは全く毛色が違います。のちに彼らの精神的支えとなったのが近江出身の淀殿でした。

仕組みづくりがうまかった三成

 武断派と文治派の2つの派閥は、秀吉が天下を取るまでは関係が良好でした。加藤清正などの武断派は戦場で頑張ればいいし、兵站を整えたり、作戦計画を立てたりするのは文治派がやればよかった。

 ところが秀吉が天下を取ってしまうと、合戦しかできない武断派はいらなくなってしまいます。これは歴史の法則。同じことはのちの、徳川政権下でも起こっています。

 三成と険悪になって家康に付いた武断派の福島正則は、豊臣政権を潰した張本人だとよく言われますが、彼の立場で考えれば家康にすがるしかなかったのです。そもそも豊臣政権にいたところで、文治派の天下で居場所がなくなることは分かっていたわけですから。

先が読め、感情抜きに正論を語る石田三成。現代なら、理工系出身の研究・開発職に多いタイプと言えるでしょう。(加来氏)(画:中村 麻美)
先が読め、感情抜きに正論を語る石田三成。現代なら、理工系出身の研究・開発職に多いタイプと言えるでしょう。(加来氏)(画:中村 麻美)