顧客の利便性を極限まで高めた結果、供給側にしわ寄せがいくのがライドシェアだとすると、日本のタクシーはその反対です。タクシーの乗務員は正社員で雇用が守られており、ケガをした場合には傷病手当もあります。安定した収入に基づく人生設計を立てられるのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1253文字 / 全文2429文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年3月28日号 108~109ページより目次

この記事はシリーズ「日本交通・川鍋一朗会長の「不屈の路程」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。