それから4年が経過した明治31年の年明け。自らの余命を悟ったのか、キヨッソーネは遺言の口述を行う日を設けた。

 当日は東京駐在のイタリア公使エルコレ・オルフィーニ伯爵と5人のイタリア人に麹町平河町の自宅に集まってもらった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3830文字 / 全文5116文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小説 国産紙幣誕生」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。