米国から200人以上にメール

 愛知県瀬戸市にある公立陶生病院で、感染症内科主任部長として働く医師の武藤義和は、20年4月末、一通のメールを受け取った。

 「武藤先生、資料を見ました。コロナの重症化因子を探る新しいチームが立ち上がります。せっかくなので参加しませんか」

 南宮からのメールだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3105文字 / 全文4282文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ファクターXを探して」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。