GPTとしてのDX

 鉄道や通信と同様に、DXも「新結合」と捉えることができる。鉄道や通信が取引の大規模化と高速化を実現して、地理的な統合を果たしたのに対して、DXはビットの形でデジタル化された異なる産業同士を、その壁を越えて統合するからだ。

 例えば、製造業がDX化されると、広域に分散化された設備や機器などからセンサーを通じてビックデータをリアルタイムに収集し、そうしたデータを即時に解析・自動制御することによって、ソフトウエアで最適化され、制御された社会インフラやサービスを提供できるようになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2005文字 / 全文4108文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グローバルインテリジェンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。