銃撃により死亡というその人生の突然の幕引きが、いまだに内政を揺さぶり続ける、安倍晋三元首相。「元首相の死」という事件に対する世界の受け止め方をどう理解すべきか。公共外交の専門家が寄稿した。

ナンシー・スノー[Nancy Snow]
米カリフォルニア州立大学フラトン校コミュニケーション学部名誉教授
米クレムソン大学卒業、米アメリカン大学で国際関係論の博士号(Ph.D.)を取得。2015年から現職。16年から22年まで京都外国語大学特別客員教授。22年から中国・清華大学シュワルツマン・カレッジ客員教授・顧問。コミュニケーションと外交政策に関する15冊の著書を出版。日本、中国、イスラエル、マレーシア、米南カリフォルニア大学、米シラキュース大学で教員を務めた。日本政府の戦略的コミュニケーションアドバイザー兼メディアトレーナー。Global Persuasion Strategies(グローバル説得戦略)の創設者兼ディレクター。近著に『日本の情報力の謎: 日本の公共外交への提言』(金子みどり訳、文真堂、2022)。

 世界を震撼(しんかん)させた安倍晋三元首相の銃撃事件。事件当初、国内はもとより、世界に広がる大きな反響に、戸惑いを覚えた日本人も多かったのではないか。安倍元首相の死がもたらした多大な反響の理由を、日本政府でアドバイザーを務めたこともある公共外交・説得の専門家、ナンシー・スノー氏が寄稿で解説した。

 米広報文化交流局(United States Information Agency:1999年に米国務省に統合された対外広報機関)に勤務していた92年、筆者は(故・安倍晋太郎元外務大臣の名を冠した)新しい安倍フェローシップ・プログラムの担当者を務めたが、そのころは「アベ」と読めず、リンカーンのファーストネームのように「エーブ」と呼んでいた。それから30年後の2022年、米ニューヨーク州北部にあるウェグマンズというスーパーマーケットのレジ係ですら「あのアベ(首相)はいい人だったね」と哀悼の意を表すのを耳にした。

 筆者が「フルブライト米国人招へい講師プログラム」による教授として、また安倍フェローとして日本で過ごした時期は、第2次安倍内閣(12~14年)と重なる。そして銃撃事件が起こった22年7月8日は、国民感情と世界への影響という面で、米国でケネディ大統領が暗殺された1963年11月22日と似ている、と筆者は考える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2035文字 / 全文3070文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グローバルインテリジェンス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。