天正10年(1582)6月2日、本能寺の変が起こった時、羽柴秀吉は備中高松城を攻めていた。

 清水宗治がこもる城を水攻めにしている時、毛利輝元が救援に出てきたために、秀吉は安土城に急使を送って織田信長の出陣を求めた。信長はこれに応じ、わずかな手勢をひきいて上洛(じょうらく)したために、本能寺で明智光秀に討たれることになった。

 変の知らせが秀吉のもとに届いたのは6月3日の夕方だった。秀吉はあまりのことに茫然とし、やがてその場に泣き崩れたが、軍師である黒田官兵衛が「天下を取るチャンスですぞ」と進言した。

 そこで秀吉は気を取り直し、信長の死を伏せたまま毛利家と和を結び、中国大返しにかかった。そして6月13日の山崎の戦いで光秀勢を打ち破り、天下人への階段を一気に駆け上がった。

6月3日に本能寺の変を知った秀吉は、6日までに備中高松城を出発し、13日に山崎の戦いに臨んだ。大規模でスピーディーな行軍は、食料の調達はじめ大がかりな準備を必要とする。そのことから、秀吉は光秀謀叛の情報をつかんでおり、備えていたと見る説もある(イラスト=正子公也)
6月3日に本能寺の変を知った秀吉は、6日までに備中高松城を出発し、13日に山崎の戦いに臨んだ。大規模でスピーディーな行軍は、食料の調達はじめ大がかりな準備を必要とする。そのことから、秀吉は光秀謀叛の情報をつかんでおり、備えていたと見る説もある(イラスト=正子公也)

 これが一般的に語られている歴史である。秀吉も天下人となった後に、御伽衆(おとぎしゅう)の大村由己(ゆうこ)に『惟任(これとう)退治記』などを書かせ、こうした物語を庶民に定着させて自己の正統性をアピールしようとした。

 その物語が江戸時代ばかりか明治維新後にも引き継がれ、今日でも命脈を保っているが、近年では従来の説をくつがえすいくつかの史料に注目が集まっている。今回はその史料を紹介させていただきながら、秀吉の動きの真相に迫ってみたい。

毛利が秀吉に従った理由とは

 ひとつは秀吉と毛利家との交渉の内容を伝えるものである。これまで秀吉は信長の死を毛利方に伏せたまま和を結んだと言われてきたが、毛利家の重臣である玉木土佐守吉保(よしやす)が元和3年(1617)に著した『身自鏡(みのかがみ)』という自叙伝には次のように記されている。

 秀吉は安国寺恵瓊(えけい)をひそかに本陣に呼び、毛利家の重臣の大半が自分に内通していると、彼らが署名した連判状を突き付けた。そしてこれほどの計略ができる武将は日本には自分の他におるまいと思っていたが、毛利輝元の深謀によって信長が討ち果たされてしまったと言った。

<此時筑前守(秀吉)云はれけるは我如此行(わがこのごときおこない)日本にはなしと思ひつるに、毛利殿謀言(はかりごと)不浅(あさからず)故に、信長既に果給ふ>

 輝元はこの頃鞆幕府の副将軍に任じられているので、毛利の謀とは将軍足利義昭を補佐して光秀を動かし、信長を討ち取ったことを指している。秀吉はすでに6月3日の時点でそれを知っていた。