安禄山の処分をめぐる対立

 翌開元24年(736)4月、幽州で安禄山(あんろくさん)問題が起こった。幽州節度使である張守珪(ちょうしゅけい)の部下安禄山は、北方の夷狄(いてき)との戦いに出撃して軍勢の大半を失う大敗を喫した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2509文字 / 全文3363文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「故きを温ねて」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。