社長になって早々、競合が巨大グループを形成し、公正取引委員会の警告も受けた。逆転のために見いだした手段は自ら商品を「創(つく)る」業態への転換だった。現場からの不評を受けながらも、社内外への宣言で退路を断った。

<span class="fontBold">土屋裕雅[つちや・ひろまさ]氏<br> カインズ会長</span><br> 1966年、ベイシアグループ創業者・土屋嘉雄氏の長男として群馬県伊勢崎市に生まれる。90年早稲田大学商学部卒業後、野村証券入社。96年いせや(現ベイシア)入社、98年にカインズ入社。2002年4月に社長に就任し、SPA(製造小売り)化を推進。19年3月、52歳で会長に。21年2月期の売上高は業界首位の4854億円。(写真=古立 康三)
土屋裕雅[つちや・ひろまさ]氏
カインズ会長

1966年、ベイシアグループ創業者・土屋嘉雄氏の長男として群馬県伊勢崎市に生まれる。90年早稲田大学商学部卒業後、野村証券入社。96年いせや(現ベイシア)入社、98年にカインズ入社。2002年4月に社長に就任し、SPA(製造小売り)化を推進。19年3月、52歳で会長に。21年2月期の売上高は業界首位の4854億円。(写真=古立 康三)

 ベイシアグループのホームセンター、カインズ(埼玉県本庄市)に僕が入社したのは1998年。それからあっという間に23年がたちました。おかげさまでM&A(合併・買収)に頼らずに成長を続けられ、2019年度(20年2月期)には売上高で再び業界トップに立ちました。実に13年ぶりのことでした。

 グループの源流は僕の父(土屋嘉雄氏)が1958年、群馬県伊勢崎市に設立した「いせや」という企業です。父はそこからカインズ、食品スーパーのベイシア、作業服のワークマン、コンビニエンスストア運営のセーブオンなど、28社でつくるベイシアグループを一代で築き上げました。2020年度(21年2月期)にはグループの総売上高がついに1兆円を突破。群馬県の県庁所在地でもない場所にある地方の商店から、ずいぶんと大きくなったものです。

 その父の後を継いでカインズの社長になったのは02年のことでした。それ以来、業界再編の荒波にもまれ、東日本大震災からの立て直しに奔走するなど、走り続けてきました。今は会長という立場にあります。2年半前、52歳のときにミスミグループ本社で社長を務めた高家正行さんにバトンタッチしました。最近はカインズ単体のことだけでなくベイシアグループの経営について考えることが増えています。

 そんな私が、カインズの経営とどう向き合ってきたのか。どちらかと言えば置かれた環境に淡々と対応していくタイプなので、「不屈の路程」といえるほど派手なエピソードは少なめかもしれません(笑)。まずは、自分にとって最も大きな挑戦だった、カインズをSPA(製造小売り)業態に転換させてきた話をしましょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2825文字 / 全文3637文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「カインズ・土屋裕雅会長の「不屈の路程」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。