DISCUSSION 考察

デジタル時代の顧客創造

 この事例からわかるのは、圧倒的な独自性があり、優れた機能を備えていても、自分にどう役立つのか、“自分ごと化”できる明確な便益がわからないものを人は買わないということだ。価格が高いかどうかは、便益を理解した後の問題だ。これは時代が変わっても、普遍的な事実である。

 第6回で、顧客起点の考え方でドラッカーの理論をひもといた。再度、その理論に立ち返ると、前述の話はまさに、次の名言にあてはまる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3415文字 / 全文4772文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「顧客起点の経営改革」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。