ANALYSIS 分析

「次は買いたい」人の心理

 「9segs」は顧客を「認知・購買経験・購買頻度」と「NPI(次回購買意向)」の2軸で9つのセグメントに分類する。NPIについては、筆者は実際のコンサルティングや戦略立案の現場でも、「事業成長のKPI」としての有効性を調査している。今年3月には、マクロミルとの共同調査を通して、事業成長の先行指標として使われてきた認知や好感度といった従来のKPI以上に、NPIがマーケットシェア拡大との強い相関を示すことをつかんだ。

 これまでの回で解説してきたように、財務指標と顧客行動の間にある「顧客心理」の状態をきちんとつかむことは、顧客起点の改革において非常に重要である。顧客心理がつかめていないと、経営に致命的なブラックボックスを残してしまい、成長の機会を逃したり、大きなリスクを見過ごしたりすることにつながる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3313文字 / 全文4734文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「顧客起点の経営改革」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。