入社直後の「左遷」から5年間の工場勤務を経て命じられた異動先は営業本部。しかし、ここでも会社の経営方針を巡って上司とぶつかり、窓際部署へと追いやられた。開き直って部下3人と結成した「川田軍団」を率い、自動車内装材のビジネスに挑んだ。

<span class="fontBold">川田達男[かわだ・たつお]氏<br />セーレン会長兼CEO(最高経営責任者)</span><br />1940年生まれ。62年明治大学経営学部卒業、福井精練加工(現セーレン)入社。70年代に自動車メーカーとの取引拡大に貢献。87年には経営が悪化したセーレンの社長に47歳で抜てきされる。社内改革を進め、2003年に社長兼COO(最高執行責任者)に就任。05年にはカネボウの繊維事業を買収してKBセーレンを設立する。14年から現職。(写真=山岸 政仁)
川田達男[かわだ・たつお]氏
セーレン会長兼CEO(最高経営責任者)

1940年生まれ。62年明治大学経営学部卒業、福井精練加工(現セーレン)入社。70年代に自動車メーカーとの取引拡大に貢献。87年には経営が悪化したセーレンの社長に47歳で抜てきされる。社内改革を進め、2003年に社長兼COO(最高執行責任者)に就任。05年にはカネボウの繊維事業を買収してKBセーレンを設立する。14年から現職。(写真=山岸 政仁)

 5年間の工場勤務を終えて1967年に異動した先は、大阪を拠点とする営業本部でした。着任して少したったころ、私はまたも上司にかみつきました。「本当の営業をやらなければいけません。このままでは絶対ダメになります!」と。当時の営業部門の仕事は、工場と顧客の間で注文書を運ぶだけの“メッセンジャーボーイ”。もっと製品を売れるようにするマーケティングとはほど遠い業務でした。

 上司は私の訴えにピンときていない様子でした。その後も声を上げ続けた私は、上司に反目する煙たい存在だったのでしょう。営業の仕事を5年続けて32歳になっても係長のまま。同期で課長に昇進していないのは私だけでした。そして、「御用聞きの仕事が嫌なら」ということで窓際部署への異動を命じられました。72年に移った「編物営業課製品開発グループ」です。

 部署名に「製品開発」と入っているものの、実態は私のようなくせ者社員のたまり場。新しい上司からは「勝手にやってくれ」と言われました。言い換えれば「何もしなくていい」という意味です。

 「期待されていないのはちょうどいい。制限もないのだから」と開き直った私は、3人の部下と「川田軍団」を始動させました。川田軍団の4人で、靴の中敷き、傘の布地など、手当たり次第に新製品を開発して、営業に回りました。

「繊維にするのはどうですか」

 新製品の種を探して様々な勉強会にも顔を出していたら、その中の1回が転機になりました。京都で開催された講演会に参加したとき、隣に座っていた人が自動車メーカーの開発担当者だったのです。70年代は日本の自動車産業の勃興期。まだ輸出産業の核にはなっていませんでしたが、各社が新しい技術や素材を模索していました。袖振り合った縁で話しているうちに、自動車内装材の話になりました。

 「内装材を塩ビ(塩化ビニール)ではなく繊維にするのはどうですか」。私はこう水を向けてみました。当時の自動車内装材は塩ビが主流。太平洋側に集積している自動車メーカーは同地域に多いウールなどを既に試していました。しかし、耐久性に劣る天然素材は破れやすく、要求する品質水準を満たせなかったのです。その開発担当者も「繊維は何度も試しましたが、やっぱりダメですよ」と笑っていました。

 ハッとしました。福井市など日本海側に拠点がない自動車メーカーは、私たちが持つポリエステルやナイロンなどの合成繊維の技術をあまり知らないのだと。福井から東京まで電車で12時間かかる時代でしたからね。耐久性に優れた合成繊維で内装材を開発すれば、成長産業に加わることができる。「繊維でもカーシートは作れます!」。私はこう宣言しました。

 「川田さん、繊維で10年以上持つカーシートが実現できたら、それはノーベル賞ものですよ」──。その開発担当者が返した言葉は今も耳に残っています。これが川田軍団にとっての一大目標となりました。

次ページ 救ってくれた工場時代の仲間