会社や業界の常識を疑い、「異端者」と呼ばれながらも組織の変革に挑み続けた。47歳で社長に就き、経営が悪化していた繊維の名門をグローバル企業に成長させた。汗を流して課題に挑む。その開拓者精神が今日のセーレンを形作っている。

<span class="fontBold">川田達男[かわだ・たつお]氏<br> セーレン会長兼CEO(最高経営責任者)</span><br>1940年生まれ。62年明治大学経営学部卒業、福井精練加工(現セーレン)入社。70年代に自動車メーカーとの取引拡大に貢献。87年には経営が悪化したセーレンの社長に47歳で抜てきされる。社内改革を進め、2003年に社長兼COO(最高執行責任者)に就任。05年にはカネボウの繊維事業を買収してKBセーレンを設立する。14年から現職。(写真=山岸 政仁)
川田達男[かわだ・たつお]氏
セーレン会長兼CEO(最高経営責任者)

1940年生まれ。62年明治大学経営学部卒業、福井精練加工(現セーレン)入社。70年代に自動車メーカーとの取引拡大に貢献。87年には経営が悪化したセーレンの社長に47歳で抜てきされる。社内改革を進め、2003年に社長兼COO(最高執行責任者)に就任。05年にはカネボウの繊維事業を買収してKBセーレンを設立する。14年から現職。(写真=山岸 政仁)

 「成功者とは?」と問われたらどんな人を想像しますか。名声を得た有名人でしょうか、それとも事業で成功した大金持ちでしょうか。それらは私の考える成功者とは異なります。成功者とは、自分の夢を実現した人です。したがって、夢を持っていない人は成功者にはなれません。

 夢とは具体的な行動によって実現すべき願望です。目指すビジョンが今日の常識とは異なることも多いでしょう。だから夢を本気で語れば時に周囲から「頭がおかしい」と思われてしまう。でも、経営者は少し「Foolish(愚か)」でなければならない。スティーブ・ジョブズ氏は「Stay hungry, Stay foolish(ハングリーであれ、愚かであれ)」と語りましたが、そうした精神が必要だと思うのです。

 私は「異端者」と見られ続けてきました。入社してすぐに会社の経営を批判し、左遷されました。企業存亡の危機にあった1987年に47歳で社長に抜てきされたのは、周囲も驚くまさかの人事でした。2005年のカネボウの繊維事業買収では「繊維業界の常識から外れている」と、業界の重鎮から忠告を受けました。会社でも業界でも異端者だった私が、繊維を染色する受託専業だったセーレンをどのように総合繊維メーカーへと発展させたのか。汗をかき、道を拓(ひら)いてきたその過程をお話ししましょう。

[画像のクリックで拡大表示]

 私が培った経営哲学の原点は、大学時代のある出会いにあります。一生の恩師である土屋喬雄先生のゼミに入ったのです。

 私が大学に入学したのは1958年です。高校時代は甲子園出場の夢に向かって野球に没頭していました。福井県代表に選ばれるところまでは勝ち抜いたのですが、当時は夏の甲子園に北陸3県から1校しか出場できず、北陸大会で敗れてしまいました。

 3年生まで練習に専念していた影響もあって、志望していた大学は不合格。滑り止めとして受けていたのが明治大学経営学部でした。若干の悔しさ交じりでの入学でしたが、それが結果的に良かったのです。何せ土屋先生に巡り合ったわけですから。

 経済の理論だけでなく、「なぜ企業が存在するか」といった経営の基礎も教わりました。時代は高度経済成長期に入っており、紡績会社やセメント会社などを訪問する機会にも恵まれました。この時期に徹底して「経営とは何か」という実学をたたき込まれたことが、後の私の人生に大きく影響しました。

 62年、大学を卒業した私は福井精練加工(現セーレン)に入社しました。故郷の福井県でナンバーワンの会社で、大きな収益を上げていました。入社試験は狭き門でした。500人ほど応募した大卒採用で入社できたのは6人、文系は3人でした。運よく内定がもらえたことに両親も喜んでくれました。

続きを読む 2/3 実習日誌で訴え続けた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2307文字 / 全文3694文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「セーレン・川田達男会長の「不屈の路程」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。