曲折を経て父が経営していた酒蔵を継いだが、感慨にふける余裕はなかった。杜氏(とうじ)を説得して製造に乗り出した純米大吟醸「獺祭(だっさい)」で売り上げを増やした。さらに成長しようと「二毛作」を思いついたが、そこに大きな落とし穴が待っていた。

桜井博志 [さくらい・ひろし]
1950年山口県周東町(現・岩国市)生まれ。73年に松山商科大学(現・松山大学)卒業後、西宮酒造(現・日本盛)に入社。76年に父が社長を務める旭酒造に入社したが、父と対立して退社。父が亡くなった84年に復帰して社長に就任。純米大吟醸酒の分野で日本一の酒蔵に育て上げた。2016年に社長を息子に譲り会長に就任。(写真=栗原 克己)

 旭酒造を引き継いだときは複雑な心境でした。自分をクビにした父に対する怨念のようなものもあったし、清酒業界が将来的に厳しいことも分かっていました。それでも「やってみせる」という野心に満ちていました。

 感慨にふけっている余裕はありませんでした。借金もなく、表面上は会社の経営は悪くない状態です。でも、売り上げが年々下がっていた。父は規模を縮めながら対応してきましたが、それも限界に近づいていました。

 危機感を持った私は、社員に「どうしたら売れると思うか」を聞いてみました。ところが、返ってきたのは売れない理由ばかり。昨日と同じであれば幸せだという父の考え方が染み付いているように見えました。ならば、自分で会社を変えるしかない。

 旭酒造があるのは山の中。土地をマンションや駐車場に活用するわけにもいかず、酒造りでなんとかしなければなりません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2330文字 / 全文2836文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「旭酒造・桜井会長の「不屈の路程」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。