酒造家で生まれ育った少年は、酒蔵を継ぐ未来を思い描くようになった。だが、想像していた順調な承継ではなかった。父との対立が深まり、一時は酒蔵から離れた。最期まで和解できなかった父の通夜で頭に浮かんできたのは、酒に対する父の思いだった。

<span class="fontBold">桜井博志 [さくらい・ひろし]</span><br> 1950年山口県周東町(現・岩国市)生まれ。73年に松山商科大学(現・松山大学)卒業後、西宮酒造(現・日本盛)に入社。76年に父が社長を務める旭酒造に入社したが、父と対立して退社。父が亡くなった84年に復帰して社長に就任。純米大吟醸酒の分野で日本一の酒蔵に育て上げた。2016年に社長を息子に譲り会長に就任。(写真=栗原 克己)
桜井博志 [さくらい・ひろし]
1950年山口県周東町(現・岩国市)生まれ。73年に松山商科大学(現・松山大学)卒業後、西宮酒造(現・日本盛)に入社。76年に父が社長を務める旭酒造に入社したが、父と対立して退社。父が亡くなった84年に復帰して社長に就任。純米大吟醸酒の分野で日本一の酒蔵に育て上げた。2016年に社長を息子に譲り会長に就任。(写真=栗原 克己)

 私が生まれ育ったのは本社蔵の立つ場所です。「職住近接」どころではなく、酒蔵の中に家があると言った方が分かりやすいかもしれません。働いていた10人ほどの社員のこともよく知っていましたし、言うことを聞かないと父に麹(こうじ)をつくる「室(むろ)」に入れられました。真っ暗で閉鎖された空間なので、すごく怖かったことを覚えています。

 その頃の清酒業界は拡大期。山奥の酒蔵である旭酒造にも活気がありました。政治好きだった父は旭酒造の社長として働きながら、山口県周東町(現・岩国市)の議員なども務めていました。

<span class="fontBold">「旭富士」銘柄の日本酒を製造していたころの旭酒造。酒蔵の中に家がある環境で生まれ育った</span>
「旭富士」銘柄の日本酒を製造していたころの旭酒造。酒蔵の中に家がある環境で生まれ育った

 両親が離婚し、父が再婚したことなどを契機に、私は小学校の途中から広島のおばの家に預けられました。それでも夏休みなどのたびに実家に戻っていたので、酒蔵はずっと身近な存在でした。一時は科学者や宇宙飛行士になる夢を持っていたのですが、周囲から「酒蔵を継ぐのが当たり前だ」と言われるうちに「そういうものか」と思うようになりました。

 事業承継について父と話したことはありませんでしたが、自分なりに将来のことを考えた末に、大学で経営学を学びました。卒業後に大手清酒メーカーの西宮酒造(現・日本盛)に入ったのも「酒蔵の仕事を一通り知っておこう」と考えたからです。実は私が入社した1973年は清酒の売り上げがピークだった年。ここから清酒市場は長期的な低下の時代に突入していきます。

戻ると聞いてうれしそうだった父

 西宮酒造では、営業担当者の一人として大きな組織の中でもまれる毎日でした。一生懸命働いたのですが、社内で色々と立ち回ることがどうしても苦手で。自分は会社員に向いていないのだと気付きました。あのまま在籍していても、社内で頭角を現すことはなかったでしょうね。

 入社して3年ほどが過ぎたころ、父ががんと診断されたとの知らせがありました。この段階でも父と承継について話したことはありませんでしたが、経営者が倒れた以上、将来どうなるか分かりません。とにかく帰ろうと思いました。戻ることを父に告げたときのとてもうれしそうな表情を今でも覚えています。

 ところが、ここからが私にとっては修羅場でした。原因は、体調が回復して経営の一線に復帰した父との考え方の相違です。

 息子から見ての評価ではありますが、父は悪い経営者ではなかったと思います。ただ、高度成長期で清酒業界が右肩上がりだった時代を過ごしてきたせいか、昨日と同じことを今日も明日も真面目にやればいいと考える人でした。「酒蔵の仕事とは前かけを締めて酒販店を訪問してしっかり付き合うことだ」という過去からのやり方にとらわれていました。

 一方の私は、大手清酒メーカーでの経験から、酒蔵の将来がバラ色ではないことを理解していました。若かったこともあり、「これまで通りではダメだ。何か違うことをしなければ」という気持ちが強かった。

次ページ 「また使い走りにされるだけだ」