明治以降の鉄鋼業は、常に国家とともにあった。先の大戦後は資金が重点投入され、1970年には八幡製鉄と富士製鉄の合併で新日本製鉄が誕生。合併反対論が渦巻くなか、賛成を表明して流れを変えたのは住友金属工業だった。

 鉄は文明開化の塊なり──。福沢諭吉は著書「民情一新」で鉄の重要性を説いた。鉄は鉄道や船をはじめとするあらゆる基幹産業に欠かせない。明治維新から始まり富国強兵へ。日本の近代化は鉄なくして成り立たなかった。

 その象徴が1901年に稼働したアジアで初の銑鋼一貫製鉄所、官営八幡製鉄所だろう。今の日本製鉄の前身だ。操業開始前に総理大臣の伊藤博文が八幡を訪れて激励。まさに国家をあげた大プロジェクトだった。当初は安定操業に苦しんだが、10年目に初の黒字転換を果たし、国内生産の9割以上を担う日本のエンジンとなった。

八幡製鉄所の第一高炉は今も文化財として保護されている(北九州市)

 31年の満州事変以降、軍備を増強していた政府は大量の鉄を効率よく供給するため、八幡製鉄所と輪西製鉄、富士製鋼など5社を一緒にし、34年に日本製鉄を発足させた。その後、第2次世界大戦で敗戦国となった日本を支えたのも日本製鉄だった。政府が経済復興の決め手として閣議決定のもとに打ち出した傾斜生産方式により、石炭と鉄鋼の2業界に重点的にヒト・モノ・カネが投入されることになる。

 だが50年、日本製鉄はGHQ(連合国軍総司令部)の意向を受けた過度経済力集中排除法により、八幡製鉄と富士製鉄に分割、民営化された。そして自由競争の名のもと、日本鋼管や川崎製鉄、住友金属工業、神戸製鋼所などを巻き込んだ激しい競争が始まった。

 一強の日本製鉄がなくなり、各社が設備増強にまい進。供給能力は格段に増えてしまい、景気に業績が左右されやすくなった。そこを東京オリンピックの反動が襲った。当時、戦後最大といわれた「昭和40年不況」。山一証券が経営危機に陥り、鉄鋼業界では山陽特殊製鋼が倒産した。

 富士製鉄を率いていた永野重雄(後に新日本製鉄会長)は過当競争から抜け出すため「東西製鉄2社合同論」をぶちあげた。合併で東西の大手2社に集約する構想だ。世論の反応を見るアドバルーンの域を出なかったが、新日鉄誕生への布石を打ったとも言える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1629文字 / 全文2553文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「検証 そのとき企業は」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。