10年ほど前から頻繁に耳にするようになった「ビッグデータ」だが、上手に活用するのは簡単ではない。慶應義塾大学の高田英亮教授は、うまく活用するためには5つのポイントがあると指摘する。「予測」「実験」「オープン・マーケティング」「イグノランス」「多様・正確・迅速」がキーワードだ。

<span class="fontBold">高田 英亮 教授[Hidesuke Takata]</span><br />1981年生まれ。2004年慶應義塾大学商学部卒業、06年同大学大学院商学研究科修士課程修了、09年同博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助教、専任講師、准教授を経て、20年から現職。博士(商学)。(写真=的野 弘路)
高田 英亮 教授[Hidesuke Takata]
1981年生まれ。2004年慶應義塾大学商学部卒業、06年同大学大学院商学研究科修士課程修了、09年同博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助教、専任講師、准教授を経て、20年から現職。博士(商学)。(写真=的野 弘路)

 「ビッグデータ」という言葉をよく耳にする。Googleトレンドを用いて、すべての国を対象に2004年1月から21年3月まで、「Big Data」というキーワードがグーグルでどの程度検索されているか(最大値=100)を調べてみると、下のグラフの通りだった。その検索量(人気度)は11年後半以降に増え始め、14年から20年まで毎年平均70を超える高い値を示している。この結果から「ビッグデータ」という言葉が世間に広がり浸透していったのは、ここ10年ほどといえるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

 ビッグデータは現在、ビジネスや社会の様々な場面で活用されている。例えば、工場では製品の製造工程の各段階で蓄積されるビッグデータが生産の効率化や品質の向上のために生かされている。交通関係では走行中の車から収集されるビッグデータに基づいて、交通量や最適なルート、災害時に通行可能な道路など、有用な情報が提供されている。健康管理では身体に装着したセンサーから得られるビッグデータを用いて、患者や高齢者の健康状態をモニタリングし、体調の異変を早期に発見する試みが行われている。

 筆者の専門であるマーケティング戦略でもビッグデータが活用され、新奇・有用な新製品・新サービスやマーケティング施策の開発・導入が行われている。ここではその具体例として、20年1月24日付の「日経MJ」に掲載されたヤフーの記事を紹介する。

 ヤフーの強みは、検索サイトやEC(電子商取引)、質問サイトなど、100以上ある自社のソースから得られる多面的なビッグデータを単体で擁する点である。ヤフーは現在、その強みであるビッグデータを他社が活用できるサービスを提供している。このサービスを利用してビッグデータから営業現場では拾いきれない消費者のインサイトを引き出し、例えば、三越伊勢丹は「抱っこひもをつけても着やすいロングスカート」というヒット商品をプライベート・ブランドで開発した。また、ミツカンは「アウトドアで鍋料理を作る男性」を想定した「キムチ鍋つゆ」の新たなテレビCMを制作した。

 これらの事例のように、様々な企業が現在、マーケティング戦略でビッグデータを活用している。ではその際に注目すべき点や注意が必要な点は何だろうか。今回はそれらの点を、既存研究を踏まえて指摘したい。キーワードは「予測」「実験」「オープン・マーケティング」「イグノランス」「多様・正確・迅速」の5つである。

続きを読む 2/4 量、種類、生成頻度が特徴

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3702文字 / 全文5304文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特別誌面講義」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。