慶應義塾大学商学部による誌面講義のシリーズ4は牛島辰男教授による事業多角化に関する分析をお届けする。様々な事業を手掛けている多角化企業の価値をどのように測り、どのようにマネジメントしていくのか。第1回は多角化企業の価値が専業の企業に比べて低くなるコングロマリットディスカウントについて考える。

牛島辰男 教授[Ushijima Tatsuo]
1989年、慶應義塾大学経済学部卒。91年、同学大学院経済学研究科修了。2003年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アンダーソン経営大学院、経営学博士(Ph.D.)。三菱総合研究所研究員、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(青山ビジネススクール)准教授・教授を経て現職。(写真=的野 弘路)

 コングロマリットディスカウントという言葉を目にする機会が増えた。ここでいうコングロマリットとは、複数の事業を持つ多角化企業のことを指している。

 厳密にいえば、コングロマリットと多角化企業は同義ではない。コングロマリットとは多角化企業の中でも事業の関連性が弱く、傘下の事業がバラバラの点のような存在である企業である。すなわち、本来のコングロマリットは多角化企業の一部にすぎない。だが、コングロマリットディスカウントという表現においては、多角化企業一般の意味で用いられているため、ここでもそれに倣う。

 コングロマリットディスカウントとは、多角化企業の企業価値が同業で1つの事業に集中する企業(専業企業)に比べて低くなっている(ディスカウントされている)ことを指す。単純化していえば、株価が割安ということである。

 メディアでこの現象に言及される場合、「選択と集中」の遅れなど、多角化企業の経営に何らかの問題があることを示すものとされることが多い。だが、コングロマリットディスカウントが一般に何を意味するのかは実は十分に明らかではなく、個別企業について特定することはさらに難しい。そして、この分かりにくさは、多角化企業という大きく複雑な企業のマネジメントの難しさの反映でもある。

 本連載では、多角化企業のマネジメントの課題を戦略と財務、組織の視点から考えていく。1回目は、コングロマリットディスカウントという現象について掘り下げて考えることで、議論の出発点としたい。

続きを読む 2/4 多角化企業の価値をどう測るか

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3590文字 / 全文4971文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特別誌面講義」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。