前回のテーマは日本企業や海外企業による海外展開の現状と成功事例だった。今回は、秦からモンゴル軍、日露戦争、米ソ冷戦まで、戦争がITを牽引(けんいん)した例について語る。

ORIENT(オリエント)
原義は「ローマから東の方向」。時代によりそれはメソポタミアやエジプト、トルコなど近東、東欧、東南アジアのことをさした。転じて「方向付ける」「重視する」「新しい状況に合わせる」の意味に。

(写真=吉成 大輔)
三谷宏治氏 Koji Mitani
1964年、大阪府生まれ福井育ち。KIT虎ノ門大学院教授。東京大学理学部物理学科卒業後、BCG、アクセンチュアで経営コンサルタントとして活躍。92年INSEADでMBA修了。2006年から教育現場で活動する。『ビジネスモデル全史』『戦略読書〔増補版〕』ほか著書多数。
(写真=吉成 大輔)
守屋 淳氏 Atsushi Moriya
1965年、東京都生まれ。作家、中国古典研究家。早稲田大学第一文学部卒業。『孫子』『論語』『三国志』や渋沢栄一などの知恵を現代にどう活かすかをテーマとする執筆や企業での研修、講演を行う。主な著書に『最高の戦略教科書 孫子』『現代語訳 論語と算盤』など。

三谷(以下、三):ITってなんでしょう。単に「情報技術」でなく、そこには3つの側面があります。第一はそこで使われる「技術」。手旗信号、有線、無線、4G、5Gといろいろなレベルのものがあるでしょう。次にそこで何が流れるのかという「コンテンツ」。最後が「用途」で、要するに何の役に立つのか、です。

 ITでは、これら3つが複雑に絡み合いながら進化してきています。用途(ニーズ)が先なときもあれば、技術(シーズ)が先のときもあります。過去、ITを引っ張ってきた最大の用途は戦争でしたが、他にも商売(含む金融)があり、そして交通がそうでした。

 今回は、ITと戦争がテーマです。

 FOCUS 
ヘディの秘密通信特許

(写真=Eliot Elisofon / Getty Images)

 私はユダヤ系の両親の元で育った。父は銀行家、母はピアニスト。父と街を散歩するとき、街に点りはじめた街灯やバスの仕組みを、父に尋ねるのが大好きだった。でも女優にあこがれて努力し、18歳のとき『春の調べ』で主役をもらった。19歳で結婚した相手は14歳年上の裕福な武器商人。幽閉同然の生活を送らされたけど、よくビジネスの場に同席した。相手は科学者や軍事技術の専門家。そこでの会話はとても刺激的で、いろいろなことを学んだわ。武器のこと、そして無線技術のことも。

 夫と別れて米国に渡り、23歳でハリウッドデビュー。それから20年間は映画スターであったわね。でも戦争がはじまってある日、ナチスの潜水艦が子どもたちの疎開船を爆撃したと聞いた。でも通信妨害で対潜水艦の魚雷が当たらなくなっているとも。ユダヤ人でありアメリカ人でもある私は、なんとかしたいと思った。

 「妨害されにくい無線システム」のアイデアはピアノの連弾の中で生まれたわ。こうやって転調しながら弾いていけば……。発明は楽しいわ。だって美は永遠ではないけれど、技術は永遠だから。

 ヘディ・ラマー:ウィーン出身の女優・発明家。妨害電波に強い「周波数ホッピング」方式を考案し特許をとった。誕生日である11月9日は母国オーストリアやドイツなどで「発明家の日」とされている。

続きを読む 2/5 古代中国の狼煙と直道

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3452文字 / 全文6769文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「オリエント 東西の叡智を未来に活かす」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。