前回は、国家のグローバル化について歴史的事例も踏まえながら語り合った。今回は業種によるグローバル化の難易度や、企業レベルでの海外展開の現状について堀り下げていく。

ORIENT(オリエント)
原義は「ローマから東の方向」。時代によりそれはメソポタミアやエジプト、トルコなど近東、東欧、東南アジアのことをさした。転じて「方向付ける」「重視する」「新しい状況に合わせる」の意味に。

(写真=吉成 大輔)
三谷宏治氏 Koji Mitani
1964年、大阪府生まれ福井育ち。KIT虎ノ門大学院教授。東京大学理学部物理学科卒業後、BCG、アクセンチュアで経営コンサルタントとして活躍。92年INSEADでMBA修了。2006年から教育現場で活動する。『お手伝い至上主義!』『戦略読書〔増補版〕』ほか著書多数。
(写真=吉成 大輔)
守屋 淳氏 Atsushi Moriya
1965年、東京都生まれ。作家、中国古典研究家。早稲田大学第一文学部卒業。『孫子』『論語』『三国志』や渋沢栄一などの知恵を現代にどう活かすかをテーマとする執筆や企業での研修、講演を行う。主な著書に『最高の戦略教科書 孫子』『現代語訳 論語と算盤』など。

守屋(以下、守):前回は国家のグローバル化を中心に話しました。今回は企業のグローバル化について話していきたいと思います。世界が凸凹であることがグローバル化を阻んでいるとのことでしたが、業種や商品によって差はあるのでしょうか。

三谷(以下、三):やはり消費財の方が地域差はずっと大きいです。生産財はモノを作る機械や原材料なので、どこでも一緒で地域差は小さい。それに完成品よりも部品のほうが、差が小さいです。なので、地域差は「消費者向けの完成品」が一番大きくて、「生産財向けの部品」が一番小さいわけです。その典型例は、日本が得意とする小さい電子部品で、一つひとつはニッチな市場ですが、世界を相手にできるので成功すれば大きいです。村田製作所やTDKがその好例でしょう。

 ソニーもその恩恵を受けています。2013年末に販売を開始したPlayStation 4が累計1億台以上と大ヒットし、毎年数千億円の利益を上げた訳ですが、使われる電子部品も結構自分でつくっているので、そこでも儲けています。特にスマートフォン、ドライブレコーダーなどで使われるCMOSイメージセンサーがありますが、最近スマートフォンが、2眼、3眼となってきたので1台当たりの使用数が2倍、3倍となり、10年から9年で市場規模が4倍にもなりました。ソニーはその184億ドルの市場で、シェア50%を誇っています。ダントツの1位で、2位のサムスン電子の2.5倍です。

 今やソニーのイメージセンサーは、「このドライブレコーダーはソニーの撮像素子を使っている」というと、消費者に「なら性能は大丈夫」と思ってもらえるようなキー部品になっています。

 結局日本人が得意なのは、世界共通で、品質と信用が効くものなのです。

続きを読む 2/4 揺らぐ日本製の信用

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5187文字 / 全文7072文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「オリエント 東西の叡智を未来に活かす」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。