小国は海外を目指す

:まず言葉として「グローバル化」と「海外展開」を分けたいと思います。「海外展開」とは自国市場だけでなく海外市場に展開すること、「グローバル化」とは世界の主要市場(欧米亜)すべてに展開すること、とします。

 さて、日本において全部の産業や企業が海外に出て成長し続けるべきとは思いません。特に、世界全体に展開する(=グローバル化)のは、どこの企業にとっても大変なことですし、自国市場もしくは近隣市場への展開で済むならそれでいいのです。でも、「中で閉じこもるのがいいのか、どこまで広がるのがいいのか」という議論ができるだけ、日本は幸せな国だとも言えます。

:その幸せとはどういう意味なのでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4917文字 / 全文6971文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「オリエント 東西の叡智を未来に活かす」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。